不動産投資で賃貸経営を行うなら売却や買取りに注意

最近では、会社勤めをしているサラリーマンでも副業として不動産投資を行っている人が増えていると言われています。不動産会社なども小口の不動産投資家をターゲットとした様々なサービスやプランを提供しており、ひと昔前と違って手を出しやすくなったことも影響しています。特にアパートやマンションを賃貸経営する場合、様々なメリットがあります。もちろんメリットがあればデメリットもありますが、それぞれを把握しておくことで運用の見通しや利益率などを正しく判断できるようになります。賃貸経営ではこういったポイントの判断が長期的に利益を生み出すためには必要不可欠なので、しっかり理解しておきましょう。

まずメリットとしては、中長期的に収益を得られるという点が挙げられます。賃貸経営の場合、オーナーとして順調に運営していくことができれば毎月家賃収入を得ることができます。公的年金が期待できない昨今では、年金目的で賃貸経営を行う人も珍しくありません。さらにいざという時の生命保険の代わりにもなり、オーナーに万が一のことが起きれば不動産を家族に残すことができます。賃貸に出す物件を買取る際、現金で購入するのでなければ住宅ローンを申し込みます。この時に団体信用生命保険に加入すれば、契約者が万一の状態になった場合でも住宅ローンは保険で賄えます。家族にローンを負わせることなく資産だけ残すことができるうえ、賃貸経営を引き継げば家賃収入もそのまま得られることになります。もし賃貸を止めるなら売却すれば良く、第三者に買取ってもらえれば現金収入を得ることができます。このように、不動産は自分だけでなく家族にも将来的な安心を残すことができる点が大きな魅力です。これに加え、今では手軽に始められることもメリットの一つです。アパートやマンションなどの物件は、基本的に金融機関にローンを申し込んで買取ります。例え手元にまとまった金額を準備できなくても買取れるため、初期投資額があまり必要ありません。買取った後も、家賃収入が得られればそこからローンを返済することができるので、将来的にもまとまった現金がなくても問題ありません。もちろん空室期間があればその期間は収入が途絶えることになるため、需要や家賃相場なども十分に考えて買取る物件を選ぶことが重要です。さらに、不動産資産を持っておくことで節税対策になることもあります。賃貸物件の場合、駐車場や空き地などに使用する土地を持っている場合と比べると、固定資産税や都市計画税が大幅に減免されます。土地の上にアパートやマンションなどの住宅物件が建築されていれば、相続が発生した際にも相続税が大きく軽減してもらえます。
このようにメリットがある一方、デメリットにも注意が必要です。不動産投資ではメリットばかりが強調されがちですが、デメリットも正しく理解しておかなければ損をするリスクが高まります。代表的なデメリットとしては、やはり空室になってしまうことが一番です。最大のリスクであるとも言え、空室期間が長ければ長いほど家賃収入は得られなくなります。家賃設定や立地、環境の変化などによって空室リスクが高くなることもあるので、この点について十分に注意しておく必要があります。入居希望者に選んでもらえる物件にするためにも、設備や内装などを定期的に入れ替えて新しくしておくことも大切です。さらに、年月が経過すれば物件が老朽化してしまうことも忘れてはいけません。経年劣化は避けて通れないことであり、築年数が経過した物件では入居希望者がなかなか現れなくなります。そのままでは家賃を引き下げなければならず、収支計画が狂ってしまうので維持費やメンテナンス費もしっかり考慮する必要があります。地震や火災といった自然災害が起きた際にも、物件が倒壊したり無くなってしまうこともあり、投資対象が消失してしまうリスクに備えて保険などに加入することが大切です。さらに、長期的に運用していくことを考えれば住宅ローンの金利上昇リスクも考えなければなりません。変動金利などを選んでローンを組んでいた場合、金利が上昇すればローン返済額の総額も上がることになります。支出が増えれば家賃収入が減少してしまうため、金利変動リスクも考えたうえで余裕を持った運用計画を立てることが大切です。また、賃貸経営を行うということは自分の不動産資産に他人が入居している限り、売却したいと考えても簡単には売却できなくなります。売りに出したとしても希望の金額ですぐに買い手が見つかる保証もなく、買い手によっては購入価格の引き下げを交渉してくることもあります。

このように、賃貸物件を取り扱う場合は様々な注意点があります。不動産資産の運用方法や将来的な計画を明確にしておくだけでなく、経営そのもののメリットやデメリットについても十分に理解しておくことが重要です。きちんと情報を把握して実践すれば、安定した利益を得ることも夢ではありません。