不動産 賃貸物件、仲介手数料なし物件について

賃貸物件を探して住む場合に、必ず必要になるのが初期費用です。敷金や礼金、そして仲介手数料など全部を合計するとだいたい家賃の半年分くらいになるので、馬鹿にできません。
しかし最近ではこの初期費用の必要性が少し変わってきています。今までは初期費用として必ず敷金や礼金が必要になってきましたが、最近では敷金や礼金が必要ない物件も出てきています。
敷金や礼金は売り手側の都合なので、売り手側が早く売りたいと思えば少しでもお得感を出すために敷金礼金を0円にするという心理はよくわかります。ところが最近の不動産会社を見ると、不動産業者が賃貸物件を仲介する場合の唯一の収入源である仲介手数料が0円になっている物件が存在します。仲介手数料が0円だと、普通の考えであれば不動産業者の儲けが全くでないという事になります。にもかかわらずこういった物件は減っているどころか逆に増えていく傾向にあります。
敷金や礼金と同様、手数料が0円だとやはりお得感がとても高いので部屋を借りようという気持ちにさせる効果はとても高いです。借りる側としてはこういった不動産が増えるのは嬉しい限りなのですが、いったいどのような仕組みでこういった物件が成り立っているのでしょうか。
実は手数料が0円の物件の場合、不動産会社は手数料を受け取らなくても収入を得る事が出来るシステムになっているのです。
手数料0円の物件はその代わりに物件を掲載しする際に広告料を売り主側から徴収するシステムになっています。ですから手数料を取らなくても物件を掲載するだけで不動産会社には収入が入ってくるというわけです。
手数料0円の物件は借りる側からすれば出費が減るように見えるので一見お得な物件のように目ますが、実は手数料が無料という事だけに注目すると大きな失敗をすることになるのです。

賃貸経営のことを学ぶためにはこちらの記事も参考にしてくだい
デザイナーズ賃貸仲介業者に任せっきりはNG!

本来ならば部屋を借りる側から徴収する仲介手数料分を売り主側が支払うことになっているわけですから、その分を売り主側は何としても取り返そうとします。ですから別の部分で通常の物件よりも費用が掛かっている可能性があるのです。
例えば手数料は無料だけど、その分敷金が高くなっていたり、通常であれば退去する場合よほど汚していなければお金はかからないですが、クリーニング量という名目でお金を徴収したりといったケースが考えられます。手数料無料の部分だけに注目しないで、本当にお得かどうかは総合的に物件を判断するようにしましょう。