不動産を賃貸物件として経営する時のメリットとは

不動産を賃貸経営することで、得られるメリットとはどのようなものでしょうか。まず空室がほとんど出ず、うまく経営ができれば、安定した家賃収入が期待できます。家賃収入は基本的に現金収入ですので、ローンの返済にも回せますし、また、私的な年金として貯蓄することも可能です。そのためにも、入居率が高いと見込める不動産を購入するようにしましょう。また、物価上昇に合わせて価値が変動しますので、インフレの影響を受けにくいというのも、メリットであるといえます。それから、不動産購入のローンを契約した時点で、団体信用生命保険に加入すると、万が一契約者が死亡した場合には、ローンの支払いに保険金が適用されるしくみになっています。ですから遺族がローンの支払いを気にする必要はありませんし、賃貸経営も続けることができます。

賃貸経営のことを学ぶためにはこちらの記事も参考にしてくだい
デザイナーズ賃貸を探すときの秘訣

またよくいわれているように、節税対策としても利用することができます。これは非居住用地を所有している場合に比べると、固定資産税がはるかに安くなるからです。その他のメリットとしては、経営を始めるのに、あまり大きなお金が要らないという点です。通常不動産は、銀行から融資を受けて購入するわけですし、賃貸経営を続けると、家賃で返済ができますから、意外と手軽に始めることができます。また最近は家賃保証という制度もあり、これは入居する側は保証人は要らず、オーナーにしてみれば、家賃滞納を保証してくれるので、安定収入が得られるという、双方にとってのメリットがあります。

もちろんその一方で、デメリットとされる部分があります。たとえば建物が老朽化する、地震などの災害に遭うことがある、そして空室が出るなどといった点です。老朽化の場合は修復費などのランニングコストを、災害の場合は保険をきちんと検討しましょう。そして空室に対処するためには、はじめから入居者が集まりそうな地域の物件を購入する、設備を充実させるなどで対処できます。また、サブリースで空室保証をしてもらえます。それから変動金利のローンを利用した場合、金利が上がるとローンの返済が苦しくなることもあります。どのようなローンの返済方法を選ぶのかも、事前に考えておきましょう。それから、最終的に賃貸経営をやめる場合に、いつ手放すかも重要になります。今日計画を立てて、明日売却できるものではありませんし、どのくらいの金額で売れるのかも、売却するタイミングにより異なります。賃貸経営を考えたら、まずこういう点について計画を練り、失敗の少ない経営を心がけるようにしましょう。