不動産を賃貸経営する時はトラブルへの対処方法も重視しましょう

不動産を賃貸物件として経営すれば、家賃収入も入るし、また節税対策になると考えている人も多いことでしょう。しかし不動産の賃貸経営とは、基本的に入居者相手のものである以上、クレームやトラブルもかなりあるものです。ですからまず、経営を始める時には、管理経験の豊富な会社に相談したうえで、クレームやトラブルに対処して行くようにしましょう。トラブルで多いものといえば、やはり騒音の問題があります。それから、部屋の勝手な改造や模様替えなどが該当します。部屋の改造や模様替えも、まず大家さんに相談をして許可を得、退去時には元通りにするのであれば、そこまで大きな問題にはならないのですが、多少改造するくらいならわからないだろうと安易に考え、それが発覚した時に問題化するケースが多いです。それから、ペットの飼育が許可されていないのに、勝手にペットを飼う行為もしかりです。これらのトラブルは、いずれも契約違反で、見つかれば退去の対象となります。

その他に、家賃を滞納して払わないというケースもあります。最近は家賃保証会社がついた物件も増え、もし滞納が発生した場合は、当該の会社の方で対処してくれるようになっています。しかし不動産の管理契約をしていても、家賃保証を付けていない物件も多いでしょう。そのような場合は、家賃の支払いを巡ってトラブルになることもありますし、これも本人が支払おうとしない時は、強制退去となります。このようなことに対処して行くには、やはり管理会社のノウハウが必要になります。また家賃滞納の場合は、法的手続きをしてもらえることもあります。

そしてトラブルといえば、原状回復の時にも発生しやすいものです。原状回復には基準が設けられていて、明らかに入居者の過失でないもの、経年劣化によるものに対しては、敷金から費用を出さないことになっています。ただし明らかに入居者本人の過失であるのに、敷金からお金を引かれた、あるいは別にお金を取られたということで、消費者センターなどで相談をする例もあります。このような事態にどう対応するかについても、管理会社のアドバイスが必要になります。不動産を賃貸経営するのは、確かに魅力的でもありますが、同時に人間相手のものでもあるため、意外に難しいものでもあります。とどのつまり、どの管理会社を選ぶかによって、経営が左右されるといっても過言ではありません。その意味でも、管理会社選びは慎重に行いたいものです。