不動産を賃貸経営する時はクレームやトラブルへの対応に備えましょう

賃貸の不動産を経営する時は、必ずしかるべき管理会社と契約したうえで、経営を行うようにしましょう。大家さんとして専従していれば、特に管理会社と契約しなくても何とかなる、その分経費も浮くとつい考えてしまうかもしれません。しかし大家さんの仕事というのは、家賃の徴収や敷地の清掃、不動産管理など実に多岐にわたり、しかも入居者のクレームや、トラブルへの対応もこなさなければならないため、自分一人ではどう頑張っても限度があります。管理のノウハウがある会社と契約を交わし、どのような部分を請け負ってもらうのかを決めるようにするのがいいでしょう。たとえば家賃徴収は自分でできても、クレームやトラブルの対応は、プロにまかせて処理してもらうのがお勧めです。また、トラブルといっても様々なので、一定のマニュアルだけでは対応ができないからです。

たとえば、居住用契約した賃貸物件を、事務所使用したという場合は、契約違反となります。自分で起業をして、居住用契約している部屋を、そのまま事務所使用するということはできません。ほかに事務所使用できる部屋を借りるか、レンタルオフィスなどを利用する必要があります。それから、ペットの飼育が禁じられているにもかかわらず、黙って犬や猫を飼っていたという場合も、当然契約違反になります。それ以外にも騒音がひどくて近所迷惑になるとか、あるいは家賃を滞納して払う意志がないという時も、もちろん契約違反で、いずれの場合も退去の対象となります。このような場合に入居者にどう対応するか、それにはやはり管理会社の力を借りた方が、ことがこじれずにうまく行く可能性が高いのです。

賃貸経営のことを学ぶためにはこちらの記事も参考にしてくだい
デザイナーズ賃貸の相場とは

また意外と見落としがちなのですが、入居物が家族を呼んで一緒に住んだり、あるいは子供が生まれたりした場合に、きちんと届け出がない場合は契約違反となります。賃貸物件として不動産経営をするということは、このようなことがとかく起こりがちなため、自分一人でやるには無理があるのです。また会社によっては、退去に伴う法的費用や、原状回復費用を負担してもらえることもありますので、いざという時に備えて、契約しておくのもいいでしょう。それから家賃保証、賃貸保証ともいいますが、入居者が家賃を滞納した場合に備えて、保証してもらえるようにしておくと、もし滞納があった場合でも、家賃収入を安定させることができます。これは入居する側にとっても、連帯保証人なしで契約できるというメリットがあります。